クロマチン動態制御学

研究概要

研究内容

プロテオミクス解析を中心とした生化学、バイオイメージング、数理解析などを駆使してゲノムストレス応答蛋白質ネットワークの多様性が生まれる仕組みについてクロマチンの動的変化(クロマチンダイナミクス)に着目して明らかにする。

主な研究項目

  • ゲノム損傷の記憶
  • ゲノムストレス応答における細胞ロバストネス
  • がん細胞特異的なエネルギー代謝機構の解明
 

井倉研究室図

メンバー

准教授井倉毅ikurat@house.rbc.kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

クロマチン動態制御学 キーワード

クロマチンダイナミクス  機能的蛋白質複合体